忍者ブログ
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
96  95  94  93  92  91  90  89  88  87  86 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友達の家で「かまいたちの夜」というゲームをやった。スーパーファミコンのソフトで僕もやったことはなかった。


あ 自称ゲーマーです。


そのソフトは、小説を読み進めていきながら、要所要所で行動や発言を3拓ぐらいから決定し、物語を進めていくというホラーゲームです。自分の選択により物語が枝分かれに進むので、正解は分からない。自分が殺されたら終わり。効果音やバックミュージックが、実に効果的で恐怖感を煽る煽る。
僕がプレイした時は登場人物が12人いて、一人、また一人、と殺されていき、自分を含め、残り3人となったところで殺されました。ゲームオーバー。


何が言いたいかというと
「非常に悔しい」

たかがゲーム、されどゲーム。



ゲーム機器はどんどんと進化している。
一方でゲームの世界に依存して抜け出せなくなり、ゲームの中だけでしか自分を認識できない人、ゲームの技を生身の人間に試そうとする人、ゲームのキャラクターを崇拝し、全てを捧げようとする人。。
人が人の作ったものに負のエネルギーで飲み込まれていく。実際犯罪も起きている。

限りなくリアルに近付いていく技術に、こんなことで規制がひかれていくのは悲しいな。



僕はゲームが好きなだけ。
PR
プロフィール
HN:
沖原一生
性別:
男性
自己紹介:
沖原一生 (オキハライッセイ)
1983.01.17生まれ
出身 広島
血液 AB型
身長 180cm
体重 72kg


沖原一生へのメールはこちらまで。
カテゴリー
バーコード
ブログ内検索
カウンター
"沖原一生" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]